HIRASHIMA

HIRASHIMA

福岡県柳川市

ナチュラルな素材で表現される「心地よい緊張感」がワンランク上の空間を構築する。ミニマムな造形美をベースにデザインされるプロダクトからは新しいコミュニケーションの場がつくり出される。

HIRASHIMAテーブル

シンプルで、存在感のあるテーブル。

カラメッラダイニングテーブル

カラメッラダイニングテーブル

どんな椅子にも合わせられるシンプルさ。
それでいて、テーブル自身も椅子に負けない存在感。

どっしりとした重厚感には、細やかな拘りが。
天板と側面は木目が繋がっていて、天板の厚みを演出。
脚にはフィンガージョイントが施され、強度をプラス。
天板を両側の脚で挟むような、独特のデザイン。

ダイニングだけではなく、
オフィスなど様々な場面にも対応できるサイズ展開で、
ピッタリなサイズをお選びいただけます。

節あり無垢材を使用した、世界に一つだけのテーブル。
見れば見るほど愛着がわいてきます。

HIRASHIMA収納家具

ダイナミックさと繊細な美しさ。

リベリアテレビボード210

リベリアテレビボード210

ダイナミックさ ―――

HIRASHIMAの家具は、あえて節あり材。
そこに、面白さと力強さがある。
ふんだんに使用した無垢材から、
溢れる重厚感。
一つひとつの木目の違いが楽しめる。


繊細な美しさ ―――

四方には、伝統的な留加工。
留加工とは、45度でカットした木口を見えないよう接合する高度な加工技術。
その伝統工法が、強度と美しいラインを生む。
丁寧に施される研磨は、木目の美しさや手触り感に大きな影響を与える。


前板のガラスのスリットが印象的なLIBERIAのテレビボード。
ガラスは、リモコン透過性のある強化ガラス。
細く伸びたブラックガラスが、デザインをグッと引き締めている。

HIRASHIMA収納家具

格好がいいのが いい。

liberia sideboard

liberia2

心地よい緊張感と美を追求する
HIRASHIMAが描く理想の空間。

LIBERIA

木製家具は「研磨が命」といわれるほど、
研磨の丁寧さが木目の美しさや手触り感に現れる。
触れた瞬間、確かな"品質"を感じてもらえるように
心をこめて作る。

デザインの中に生命を吹き込む、
象徴的な存在が"節"なのです。

節のある無垢材を使用し、
節が上手に配置された家具は
木の魅力、存在感を十分に感じられる。

そして、
無垢材で作られた家具はひとつひとつ表情が異なり
世界に一つだけのものになる。

暮らしに上質なリズムを生み出し、
大人の佇まいが感じられる
心地よい空間が出来る。

HIRASHIMAソファ

それぞれの時間

カラメッラ カウンターソファ189

カラメッラ カウンターソファ189

堂々たる存在感の主役ソファを
リビングの真ん中に。

テレビを正面に見ながら、カウンターで朝食、晩酌。
パソコンを使って持ち帰りの仕事、お子様のリビング学習。

ソファでゆったりと映画鑑賞。
読書、お昼寝。

ソファ+カウンター

その二つが一体化することで、
リビングでの過ごし方がより自由に。

家族が集まる。
それぞれの時間を大切にしながら、
いつでも話せる距離感。


デザインだけではなく、もちろん構造にもこだわりが。
背は3層、座面は5層構造。
ベッドマットの構造を採用し、弾力が持続。

スプリング部分には、
線径(コイルの太さ)が大きく、高さ約10cmある
国産コイルスプリングを使用。
一般的なものと比べ、強度に優れています。

"一目惚れ"の言葉が似合う、
他にはないソファです。

CARL HANSEN & SONFritz HansenHIRASHIMAソファチェアテーブルレグナテック雑貨

【 納品事例 】

【 納品事例 】

【 納品事例 】

【 納品事例 】

先日、郡山市のS様邸にお邪魔してきました!

S様には、CANDYソファ、グロッセTVボード、
カラメッラのリビングテーブルとダイニングテーブル、
ナップチェアとCH33をご使用頂いております。

初めてご来店された際、グレーがかった床を選んだことで、
家具をどんな色味で揃えれば良いかわからなくなってしまったと
おっしゃっていたことがとても印象に残っています。

しかし、いざ家具を選んでいくと、
S様ご夫婦のセンスの良さに感動しました!
ご主人様のご意見で、
重厚感のある広々としたカラメッラダイニングテーブルに、
フリッツハンセンのナップチェアとカールハンセンのCH33を2脚ずつ。

奥様が選ばれたCANDYソファの生地も、
お部屋に完璧に合っていました!
8月にも一度お邪魔しましたが、
先日はクッションが変わっていたり、ラグがプラスされていたり・・・
シンプルでムダがないお部屋の中にもきちんと季節感が。

奥様のセンスの良さが節々に感じられ、あるもの全てがオシャレでした。


いつでもキレイなお部屋が保たれていて、
私も奥様を見習って心を改めなければ!と伺う度に思っています。

S様のお部屋作りに携わることが出来、
私も大変嬉しく感じております。
この度は、お忙しい中お邪魔させて頂きまして、
誠に有難うございました。

HIRASHIMAソファ

新作ソファ

雑誌などを入れて

高さのある背もたれ

過ごしやすい低さ

LIBERIA SOFA

安心して身体を預けて寛ぐことができるハイバックスタイルの背もたれ。
脚の取り外しが可能になっており、ハイバックの背もたれでも圧迫感が感じられません。

節ありの無垢材を使用し、素材感と存在感があるソファ。

背もたれにマガジンラック収納スペース付き。

デザイン・機能性はもちろん。
リベリアは"座る・眠る・寄りかかる"暮らすための機能を集約しています。

暮らしの中心になる。
そんなソファ。

HIRASHIMAソファ

カラメッラカウンターソファ展示入れ替え

木目と節

CARAMELLAカウンターソファの展示を入れ替えしました。

素材をオークからウォールナットに。

生地も新しくなり、印象も変わりました。

重厚で落ち着いた雰囲気。

オークの節とはまた違った良さのあるウォールナットの節。

ここから経年の変化がとても楽しみな家具です。

HIRASHIMAソファチェアテーブル

【 納品事例 】

リベロ コーナーソファ、ルメ テーブル

カラメッラ ダイニング

リビングダイニング

伸びやかに。

感じる。

存在感。

触れると。

感じる。

安心感。

あるべきところに。

ある。

存在感と安心感。

上質なファブリック。

に、包まれるソファ。

ラウンドのテーブル。

ここで、ゆっくりと、ゆったりと。


直線と曲線。

ミニマルな造形美。


マッシヴなテーブルとエレガントなチェア。

それぞれが、上質な佇まい。


感じる。

存在感と安心感。

ここでも、ゆっくりと、ゆったりと。

個々のデザインと素材感。

ウォールナットとファブリック。

リビングとダイニング。

空間と家具。

調和。

それぞれが、それぞれの役割を担う。


そして、ご家族の笑顔が彩る。

家具と暮らしと笑顔。

すべてが調和したホーム。


すべてが調和する空間。

HIRASHIMAソファチェア

【納品事例】

カラメッラ カウンターソファ ベンチ

天然牛革アニリン仕上げ

カウンター下部の収納

ともに暮らす。

それは、家族と同じ関係性かもしれない。

成長を見守りながら。

手を加えて。

晩秋の頃。

そろそろ、お手入れの時期かなと。

思ってみる。

細かいことは気にせずに。

その過程を楽しみながら。

暮らし、そのものが反映されるはず。

例えば、3年後。

どれほど育ったかと。

そして、10年後。

その成長に驚くはず。

それだけのスペックを持ち合わす。

カウンターソファとベンチ。

ウォールナット節あり無垢材xオイル仕上げ。

天然牛革xアニリン仕上げ。

それぞれの心地よさを感じながら。

そして、その表情を楽しみながら。

ご家族の団らんの中心にあるであろう。

カウンターソファとベンチ。

ともに暮らす。

その先を見つめながら。


HIRASHIMAソファチェアテーブルラグ&クッション収納家具日進木工

【 納品事例 】

CARAMELLA ベンチ、geppo シードチェア 

LIBERO コーナーソファ、PLANE リビングテーブル 

ANEMONE ドレッサーデスク、バニティミラー、NBS-443 スツール、

リビングダイニングをスキップフロアから

ヘリンボーンの床。

この床からも、ただならぬ雰囲気が溢れ出る。

丹念に、ご自身でワックスを掛け、最終的な仕上げをされたとのこと。


まずは、理想を描く。

どんな暮らしがしたいのか。
と、問いかける。

そして、ぼんやりと。
見えてくる。やっと。


しかし、明確に。
答えは、見えていた。しっかりと。

だから。

答えは、そこにある。

長い期間、考え、形になった、そのディテール。

訪れる人を歓迎する玄関扉、真鍮の表札と室内のスイッチ。
ヴィンテージ感漂う腰板の塗装。ヘリンボーンの床材、キッチンのアクセントクロスやタイル。
などなど。

そして、それに調和する家具たち。

カウンターには、ハーフアームのチェアとシンプルなベンチ。あえてデザインと塗装、張地を変えて。

リビングスペースには、ゆったりとくつろげるコーナーソファと、シンプルな大きめリビングテーブルとグリーンのラグ。

グレーのソファに、クリッパンのコットンブランケットと千鳥格子柄のクッション。

それぞれのコントラストが楽しめる。

2階、寝室には、チェリー材のドレッサーデスクとミラー、スツール。

ドレッサーデスクに目を向けると、引出し前板は、突板を斜めに張り合わせる、矢貼という技法が使われる。
また、つまみは、小石原焼。素朴な風合いが、温もりを感じさせる。

その佇まいは、美しい。

上には、アルミニウムの時計が、馴染む。

このコーナーは、間違いなく、心地よい。


さまに、理想を越えたであろう、これが現実。

上質な、オリジナルのお住まい。

これからが始まり。

スキップフロアからのぞく、お子様の顔は、きっと笑顔。

それが、答え。