ソファ

こだわりのクオリティ-スモールフェザー-

こだわりのクオリティ-スモールフェザー-

こだわりのクオリティ-スモールフェザー-

ソファ

こだわりのクオリティ-スモールフェザー-

ソファの決め手といえばなんでしょう。
フォルムでしょうか、座り心地でしょうか、

たくさんある魅力の中でも座り心地を決める要因の一つが、スモールフェザーです。

これ以外にも座り心地を決める要因はたくさんあるのですが、長くなってしまうので今回はスモールフェザーについてご紹介しようと思います。

スモールフェザーとは水鳥の腹部分から採れる羽根のことです。
ちなみに胸部分から採れるのはダウン、翼からであればフェザーと採取する箇所によって名称や形状、用途や特徴が変わってきます。

スモールフェザーは文字どおり小さな羽根(6.5cm未満)のことです。
特徴としては、
・羽根軸が柔らかく包み込まれるような弾力性
・座った跡を残さずへたりを防ぐ復旧性
そのため、スモールフェザーを使ったクッションにはもっちりとした心地よい密着感があります。
また通気性にも長けており、普段のお手入れはクッションを叩いて空気を通してあげるとへたりが取れ、ふっくらと形が復元します。

そんなスモールフェザーの中でも上質だと言われている1つがハンガリー産のマザーグースから採れるものです。

マザーグースといっても童話じゃないですよ。
マザーグースとは卵を産むための親鳥のことです。
それらは質の良い鳥が選別され、長期飼育されるので非常に良質な羽根が採れます。

しかし、マザーグースだからと言っても飼育環境や加工処理がしっかりしていなければ臭いがついたままであったり、羽根のサイズにばらつきが出てしまいます。

ハンガリーでは飼育環境が優れており羽根独特の動物臭がとても少なく、高品質なのです。
環境、技術、それらを受け継いできた歴史、たくさんの要因が重なり高品質な羽根が今も生み出されるのです。

今回はスモールフェザーについてフォーカスを当てましたが、こだわりの座り心地を形成するにはウレタンや羽根の組み合わせやバランスによって多種多様な表情を創ります。

プランツでは様々な座り心地のソファを展示しております。
もちろんハンガリー産マザーグースを使ったこだわりのソファも、、、

いかがだったでしょうか、このブログをご覧頂いている皆さまが興味をもってもらえたのなら、幸いでございます。
そして是非、こだわりのソファを試しに足をお運びください。