橋詰家具

収納家具橋詰家具

10年後

スクエアなフォルム

真鍮ツマミと節

ナラとウォールナット

遠目からだと、主張しすぎない存在感。

近くに寄ってみると、主張する素材感。

真鍮のツマミ。

節ありのナラ材の前板扉。

それを支えるウォールナット材の脚。

面白味のあるデザイン。

その顔は、フロントからサイドまで違った表情を見せる。


引き出しは、包み蟻組にフルスライドレール。

例えば10年後。

しっかりと使い込まれた真鍮は、アンティークの風合いに。

オイル仕上げのナラとウォールナットは、より深みが増し、そのコントラストはより美しく。

そんな10年後を思い描きながら、このサイドボードを改めて眺めてみる。