iittala

iittalaテーブルウェア

集めたくなる完成度

左からスパークリングワイン・オールドS・オールドL

雫が落ちるような

イッタラのウルティマツーレシリーズは、1968年にデザイナーのタピオ・ヴィルカラが発表した名作です。

ウルティマツーレとは雪と氷で覆われた最北の地という意味。

ヴィルカラはフィンランドのガラスの様に透明な氷が融ける様子に触発されて、この独特の表面をつくりだしました。

それをガラスで表現するには、長い時間をかけて吹きガラスの技法を試行錯誤する必要がありました。

職人の技術、そしてヴィルカラの感性。

その2つが合わさることで、発表以来、変わらぬ魅力を放ち続け、ガラスデザインのクラシックとしてその地位を確立しています。

飲み物だけでなく、フルーツやヨーグルトを入れたり、お花を生けても、キャンドルを灯しても。

入れるものによってたくさんの表情を楽しめます。