Kartell

Kartellチェア

チェアの融合

3本のライン

ダイニングにも

奇才フィリップ・スタルク。
スタルクといえば有名な東京のアサヒビールオブジェのデザイン。
あの奇抜なデザイン...さすがスタルク。

さて、そんなフィリップ・スタルクが、インテリアデザイン界の先人達に敬意を表しデザインをしたカルテルのマスターズチェア。


座面から伸びる3本の背フレームがポイントです。

チャールズ&レイ・イームズのシェルチェア、アルネ・ヤコブセンのセブンチェア、エーロ・サーリネンのチューリップチェアの3つのラインが合わさったチェア。

3本のラインが重なり合った背もたれのデザインは、緩やかなカーブを描きながら座面に流れるように吸い込まれて行きます。

広々とした座面は、快適な座り心地を提供します。

水に強い素材で出来ているので、屋内外問わず使用できます。

カラーも豊富なので、あえて不揃いにして配置しても面白いですね。